日新月异吧 关注:43,357贴子:760,161
  • 1回复贴,共1

 明治初期の岩倉使節団は、米欧からの帰りにセイロン島、すなわ

只看楼主收藏回复

 明治初期の岩倉使節団は、米欧からの帰りにセイロン島、すなわち今のスリランカに立ち寄っている。直前に滞在していた欧州と比べ「人間にとっての極楽と感じてしまうようである」との感想を残した(『米欧回覧実記』水澤周〈しゅう〉現代語訳)。山の緑や水の青さ、澄んだ空気に感銘を受けたという▼もっとも現地の人については、温和で礼儀があるとしつつも「無欲過ぎる」「積極的でない」などマイナスの評価をしている。列強に追いつこうとする当時のエリートには、穏やかすぎる社会と映ったか▼自然の豊かさや人びとの温和さ、そして仏教遺跡の荘厳さ。すべてが魅力となり、スリランカは今、多くの観光客を引き付けている。日本からも年間4万人超が訪れる。そんな国の都市がテロに引き裂かれた▼爆発が8カ所で連続して発生し、ホテルやキリスト教会などが標的になった。教会では礼拝のさなかに爆発が起きたという。イスラム過激派の関与があったとスリランカ政府は指摘している▼犯行は計画的で、多くは自爆テロだったようだ。自分の命をたんなる道具として扱う。殺す相手の命を数量としてしか考えない。そんな蛮行が、またも繰り返された。背景にはいったい、どんな憎悪があったのか▼亡くなった一人、高橋香さんはスリランカ在住という。犠牲者にはスリランカ人だけでなく外国人も少なくなかった。一人ひとりが外の世界との架け橋になっていたはずである。そんな営みもすべて、爆弾が吹き飛ばした。


回复
来自Android客户端1楼2019-04-24 04:06
    明治初期的岩仓使节团,在从欧美归来途中,经过了锡兰岛。锡兰岛即现在的斯里兰卡。与之前停留的欧洲相比,留下了这样的感想:“对人类来说简直就是极乐世界啊”(《美欧回览实纪》 水泽周 译)。据说是因为感动于青山绿水和新鲜空气。

    关于当地人,虽然也评价称性情温和,彬彬有礼,但也有“无欲过度”,“不求上进”这种负面评价。对当时想要追赶列强的精英来说,斯里兰卡是一个过于安稳的社会吧。

    自然的丰饶和人们的温和,加之佛教遗迹的庄严。由所有的一切魅力构成的斯里兰卡,吸引了无数的观光客造访。日本每年就有超过4万人前往。但在那样国家都市里,那份安稳却被恐怖袭击打破。

    爆炸在8处地方连续发生,并且以宾馆和基督教会等为主要目标。据说在教会的礼拜进行中发生的爆炸。斯里兰卡政府指出,此次爆炸与伊斯兰过激派有关。

    此次行动似乎是有计划的,且大多是自爆袭击。把自己的生命作为单纯的道具来使用。仅仅考虑的是杀!人数量。那种野蛮行动再一次上演。其背后到底有着怎样的仇恨啊。

    此次事件中死亡的高桥香住在斯里兰卡。牺牲者中不仅有斯里兰卡人还有不少外国人。每一个人都应该成为连接外面世界的桥梁。所有的一切都被炸得灰飞烟灭。


    回复
    来自Android客户端3楼2019-04-24 04:08